このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
MacとiPhoneの間で
テキストのコピペができちゃう!
便利アプリ「PutOn」

puton


Macにある、長い文章やアドレスなどのテキストデータを
iPhoneにコピーしたいとき、どうしましょう?

evernoteを使う、メールで送る、
テキストファイルにしてdropboxにおく、などなど、
いろいろ方法はありますが、
ファイルなどにせず、手軽にコピペできればもっと楽なのに・・・
と思っていたら、こんな便利アプリを見つけました。

 
手軽にテキストや画像を転送できる!
便利ツールアプリ「PutOn」

iPhone/iPad版アプリはこちら
puton

Mac版アプリはこちら
puton

MacとiPhone、または、iPhone同士、iPhoneとiPadなど、デバイス間で、
画像やテキスト、連絡先などを送受信できるアプリです。

必要なのは、両方のデバイスで、
アプリを起動すること、
そして、
同じwifiネットワークに接続されていること。

さらに、Mac以外は、
Bluetoothに対応していれば、wifiがなくても
データが転送できます。



では、iMacからiPhoneへ、テキストデータを転送してみましょう。
アドレスや、プログラムのデータなど、
iPhoneでは入力に手間のかかるテキストが
このアプリを使うと簡単に転送できるので、とても便利!

まず、アプリを起動すると、iMac画面に、
このような画面が表示されます。

puton

転送したいデータをコピーします。

puton

iPhone側も、アプリを起動させると、
お互いのデバイスを認識し、点滅信号がチカチカ、光ります。
上の写真の黄色い丸が点滅信号。
青、赤、黄色、緑・・・と、かなり激しく点滅します。
この色の点滅で、データを転送する相手を特定しているようです。

iPhoneのカメラを画面に近づけ、点滅信号をキャッチしましょう。

puton

認識すると、すぐに転送が開始され、
あっという間にデータが転送されます!

puton



 
外出先でもBluetoothで転送


Mac以外のデバイスでは、wifi接続されていなくても、
Bluetoothで画像やテキストを転送することができます。

iPhoneからiPad miniへ、画像を転送してみましょう。

両方のデバイスのBluetoothをオンにして、
アプリを起動します。

puton


続いて、iPhone画面で、転送したい画像を表示させます。
下部にある、ボタンから、画像やテキストを選択できます。


puton


iPhoneをiPad mini の上に重ねます。
下側の点滅信号を、iPhoneのカメラ位置に合わせて置くのがポイント。

puton

信号を認識すると、画像の転送が始まります。
このとき、途中で信号を見失ってしまうと、転送が途中で
止まってしまうので、あまり動かさないように、気をつけて!

あっという間に画像が転送されました!

puton

ややこしい設定などがまったくないので、
手軽にできそうですね。
色の点滅でデバイスを認識する、というのも、おもしろい!


 
| おすすめアプリ | 10:00 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
超便利!!!アプリを使って
宇宙ステーションISSを
肉眼で見よう!
 
今回は、宇宙ネタです。
 
宇宙って、まだまだ分かっていないことが多くて、
謎に包まれている感じが、すごく魅力ですよね!
もっと知りたい!好奇心が駆り立てられます。
 
宇宙の中でも、割と地球に近い宇宙にいるのが、国際宇宙ステーション、ISSです。
ISSは地球から400km上空を、1周90分の早さで移動しています。
このISSには巨大な太陽光パネルがついているので、
その反射光が、地上からも見えるのです。
 
本日、10月10日の午後7時ごろ、ISSが日本の真上を通過。
ほとんど雲のない空で、しかも、空の真上を通過していったので、
長い時間、ISSを見ることができました。
長いと言っても、5分ほどですが。
 
じゃあ、次にISSが見られるのは、いつ??というときに、
教えてくれる便利なiPhone/iPadアプリがこちらです!
 
 
 
 
キロボどこ?
〜国際宇宙ステーションを見よう〜
 
キロボどこ

早速使ってみましょう。
まずは、「カレンダー」で何日の何時に見られるかチェックします。
 
キロボどこ
 
黄色い星のマークが付いているものが、
高度が高くて見やすい時間
です。
高度が低いと、まわりの建物が邪魔になるので、
特に、都会では見るのが難しいかもしれませんね。



 
 
貴重な瞬間を見逃さないために
事前シミュレーション!

「カレンダー」で確認したい時間帯をタップすると、
「カメラ」のページに移動します。
 
キロボどこ

 
右上の「SIM」というのは、シミュレーションのこと。
実際どんな風に見えるのかを事前に確認しておいてください。
ISSが見えるのは数分で、長くても6分程度です!

ISSの動きは結構速いですよ!!
 
左上には、あと何日、何時間後に見えるのかが表示されます。
 
 
 
 
右上のボタンを「LIVE」に切り替えると、
現在のISSの位置が表示されます。
 
「地図」のページに移動すると、現在地がより分かりやすいですね。
 
キロボどこ
 
 
 
地図上で、「SIM」に切り替えると、
次にISSが通過する時に、どのような軌道を通るのかが
確認できます。
 
キロボどこ
 
 
 
 
 
史上初のロボット宇宙飛行士
KIROBO
 
KIROBO

ところで、この「キロボ」って何?と思った方。

キロボは、KIBO ROBOT PROJECTにより誕生した
史上初のロボット宇宙飛行士なのです。
このプロジェクトは、「エボルタ」でお馴染みの
ロボットクリエイター、高橋智隆さんをはじめ、
トヨタ自動車、電通、東京大学などの共同研究プロジェクトとのこと。
キロボには、音声認識や顔認証機能などが
搭載されているようです。
 
なんと、キロボは現在、ISSに滞在中。
今冬にISS搭乗予定の若田光一さんと対面し、
世界初の、宇宙での人とロボットの対話実験を
することになっているのです。
 
キロボの会話力はいかに??
 
 
期間限定で無料ダウンロード!
 
ちなみに、今回ご紹介したアプリと同じ、ISS追跡アプリで
『ToriSat AR』というものがあるのですが、そちらは250円。
おそらく、これと同等の機能のものですが、
キロボがISSに滞在する期間限定で、
無料でダウンロードできるようになっているようです。
お得ですね!!
 
 
今日は、とても好条件でISSが見られましたので、
ツイッターでもISSが話題になっていたようです。
テレビ東京の『宇宙ニュース』のアカウントでも、このように。
 
宇宙ニュース ツイッター
 
 
次にISSが見やすいのは、10月12日(土)の夜、17:59、西の空です。
お見逃しなく!!
 
 
 
 
 
| おすすめアプリ | 02:20 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
写真スライドショーアプリ『a million moments』
今や、星の数ほどのアプリがApp Storeにはあります。
たくさんありすぎてどれがいいアプリなのか、
迷ってしまいますね。

そんなにたくさんアプリがあれば、
名前がカブってしまうことも仕方ないのかもしれません。

と思っていたら、
前回取り上げた『million moments』というアプリと、
同じ名前の写真アプリがありました♪
( a が最初につくんですけどね。)
それがこちらです。






ーーーーーーーーーーーーーー
たくさんの写真をタイル状に表示
スライドショーアプリ
ーーーーーーーーーーーーーー

このアプリはいたってシンプル。
iPhone / iPadに入っている写真をランダムにタイル状に配置して
スライドショーをしてくれるアプリです。




タップされた写真は全画面で見ることができます。
何秒間に数枚、写真が自動で切り替わり、
さらに、音楽再生の機能も付いているので、
ただ眺めているだけでも、楽しめます。

表示するマス数も選択肢の中から選ぶことがきるので、
タイルの大きさを変えるとガラッと雰囲気が変わりますよ。


下の画像はiPadで表示したもの。
大画面で見るとよりたくさん写真が一気に見れます。


海に行ったときのアルバムを選択したので、
全体的に青いですね。これはこれで、きれいです。



設定を変更するときは、画面上をピンチアウトすると、
設定画面が出てきますので、そこから。
上から順に、「アルバム」「BGM」
「写真表示枚数と切り替わるタイミング」をそれぞれ設定できます。

a million moments




最近見ていなかった昔の写真が出てきたりするので、
懐かしい気分になったり、思い出に浸ってみたり・・・。
たまには、そんなこともいいですね。


appstore






| おすすめアプリ | 12:46 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
雑誌風のフォトアルバムがつくれる『million moments』
iPhoneを使っていると、
どんどん増えていく、写真データ。

手ぶれしてしまった写真やメモ代わりに撮った画像、
スクリーンショットした地図など、
放っておくと、必要そうで、必要ないような写真で
カメラロールがいっぱい、なんてことも。

どうせ整理するなら、きれいに、オシャレに、
見やすく整理したいですよね。
旅行や結婚式の写真など、一緒にいる友達の
「ちょっと見せて」にも応えられる、なおかつ、自慢できるような、
フォトアルバムアプリをご紹介します。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
雑誌風レイアウトでアルバムを整理
フォトビューアーアプリ
ーーーーーーーーーーーーーーーー

このアプリが他と違うところは、
「雑誌風のオシャレなレイアウトで写真を管理できる」
ということ。


iPhone内の写真を取り込んで、
イベントやカテゴリーなどを設定していくだけで、操作も簡単。
あとは、アプリがきれいにレイアウトしてくれます。
こんな風に・・・

million moments


million moments

日付や時間、コメントが、オシャレにカッコよく表示されています。
しかも、見るたびに、ランダムでレイアウトが変化するので、
何度見ても楽しめます。



アルバムは、自分で設定したカテゴリーごとに本棚に並べられていくので、
この本棚を埋めていくのがまた、楽しみの一つ。

million moments


結婚式や旅の思い出など、イベントごとの分類でもいいし、
子どもの写真、趣味の釣りの写真、料理日記など、
カテゴリー別に分けてもいいですね。

個人的には、旅行が好きなので、
旅先ごとにアルバムをつくって、旅行に行く度に
本棚にアルバムが増えていったらいいなーと妄想しています。



さらに、このアプリは、Sony Digital Network Applications. Inc. 
つまり、ソニーから提供されているのですが、
ソニーの顔認識技術が搭載されているとのこと。

設定画面から「写真の解析」を行うと、
すべての写真で、顔が中心にくるようにレイアウトしてくれます。

(あ、iPhone版はiOS標準の顔認識技術で、
ソニーの技術はAndoroid版のみなんですね・・・)


どんどん、アルバムにまとめていくのが楽しくなっちゃうアプリ。
ぜひ、試してみてください。


appstore





| おすすめアプリ | 00:29 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
記念日カウントダウンアプリ『Dreamdays』
大切な人の誕生日や恋人との記念日、
待ちに待った旅行、懐かしい仲間との飲み会などなど・・・
日々の生活で楽しみにしていることってありますよね。

また、自分が生まれてから何日たったのか、
恋人と付き合い始めて、何日たったか、
計算するのはとっても大変。

そんなとき、このアプリを使えば、
その日からの日数、その日までの日数がすぐに分かる
そんな便利アプリを紹介します。


dreamdays


ーーーーーーーーーーーーーーー
大切な記念日まであと何日...?
カウントダウンアプリ
『Dreamdays』
ーーーーーーーーーーーーーーー

こちらがメイン画面。
自分が選んだメインのイベントが大きく、
その下にも、他のイベントまでの日数、もしくは、
イベントからの経過日数が表示されます。


dreamdays


例えば、付き合って3年目のカップル。
付き合い始めた日をアプリに登録しておくと、
このように表示されますので、
「あと3日で付き合い始めて1000日記念だね♪」
ってことが、このアプリで分かるんです。
事前に調べておけば、
恋人へのサプライズプレゼントもできちゃいます。

おしゃれなインターフェイスで、
毎日カウントダウンされるのを見てると、
楽しみがより増しますね。
背景画像を変更することもできるので、
恋人の写真を設定しておくのもいいかも。


dreamdays


その他にも、いろいろなスケジュールを登録しておくと、
旅行や同窓会、夏休みなどの連休、クリスマスなど、
さまざまなイベントへの残りの日数がわかるので、
毎日眺めて、日々の生活の活力にするのもいいかもしれません。

ちなみに、2014年1月1日までは、あと115日らしいです。
うーん、近いような、遠いような・・・

dreamdays


Dreamdays Liteは英語表示で登録できるイベント数にも限りがありますが、
有料版を購入すると、日本語対応され、より多くのイベントを登録できるみたいです。
まずは、無料版をダウンロードして、試してみてくださいね。


appstore



| おすすめアプリ | 13:12 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>