このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
[iPhoneマメ知識]
邪魔な「通知」は非表示に!
iOS7へのアップデートから、早10日。
そろそろ新しいデザインや機能にも慣れてきたのではないでしょうか。


さて、今回のiPhoneまめ知識は、「通知センター」についてです。
「通知センター」とは、メール、着信、天気、スケジュール、
各アプリの更新、などなど、iPhoneにある情報が
すべて集まってくる場所です。

ゲーム中や、文章を書いているとき、
上から情報のバナーやウィンドウが出てきて、
イラっとしたこと、ありませんか。

いつでも新着情報を確認できる便利機能ではあるものの、
いらない人にとっては、邪魔なだけ。
ほとんど使っていない人も多いのではないでしょうか。

そんな、実は邪魔!?な「通知センター」をすっきりさせる方法を
解説します。





まずは、知っておきたい
3種類の「通知」


まず、「通知」には3つの方法があります。

(1)通知センター
(2)バナーorダイアログで自動的に表示
(3)バッジ



(1)通知センター

通知センターは、どの画面でも、上から指をスライドさせると
表示されます。

通知センター

今日のスケジュールが確認できたり、
各アプリの新着情報が表示され、確認したい部分をタップすると、
そのアプリに移動することもできます。
ただ、この部分に普段使わないアプリの情報があると、
本当に見たい情報が埋もれてしまいます。




(2)バナーorダイアログで自動的に表示

iPhone操作中にこんなバナーが出てきて、
イラっとすることありますよね。

通知センター

すぐにチェックしたいメールやLINEのメッセージはいいのですが、
あんまり使っていないアプリやゲームの進捗などの自動表示は、
ホント邪魔です。




(3)バッジ

バッジとは、アイコンの右上に表示される赤丸の数字のこと。
これは、「新着情報が○件ある」という表示なのですが、
このマークがあると、どうしてもそこに目が行ってしまう!!
ということで、なるべく表示したくないんです。

通知センター





邪魔な通知をオフにする!

ということで、この3種類の「通知」を設定しなおして、
iPhoneをすっきりさせましょう!

「設定」から「通知センター」へ。
ここで、3つの通知方法をすべて設定することができます。


通知センター


例えば、「App Store」の情報を
通知しないようにするには・・・。

まず、アプリのリストの中から、「App Store」を選びます。
この中の通知スタイルを「なし」にすると、
バナーやダイアログで自動表示されなくなります。


通知センター


さらに、「Appアイコンバッジ表示」と「通知センターに表示」を
オフにすると、バッジや通知センター表示がなくなります。

これで、すっきりしました!

必要のないアプリの通知は表示されないように設定して、
邪魔な通知をなくしてみてくださいね。




| iPhone/iPadまめ知識 | 18:47 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
iOS7の新機能(6)
日付ごとの一覧で見やすくなった写真アプリ
---------------------------------------------
今さら聞けない?今なら聞ける!
知っておきたい!「iOS7」の新機能
【第6回】日付ごとの一覧で見やすくなった写真アプリ
---------------------------------------------


iOS7では、写真アプリもかなり便利になりました!

iPhoneにたくさんの写真が入っていると、
年をさかのぼって写真を探すのは大変でしたが、
今回のアップデートで、大量にある写真の中から
目的のものを探しやすくなりました。


3種類の表示方法で
時系列に写真を探す!


iOS7では、これまでのアルバム表示機能のほかに、
「モーメント」「コレクション」「年別」という、
新しい分類の仕方で、写真を表示してくれます。



(1)モーメント

「モーメント」では、日付や場所ごとに写真を表示。
それぞれの写真をタップすると、全画面表示されます。

写真





(2)コレクション

モーメント画面の左上「<コレクション」をタップすると、
写真のサムネイルが小さくなり、より多くの写真が表示されます。

この「コレクション」というのは、少し意味が分かりずらいのですが、
「イベントごと」というのが近いかも。
ある期間や場所で撮影した旅行・イベントなどの写真をまとめて表示します。

写真





(3)年別

さらに、コレクション画面の左上「<年別」をタップして移動すると・・・
この年別の写真表示がすごいんです!
細かすぎないかな?という感じもしますが。
ちょっとアートみたいですね。

photo



昔の写真でも、だいたいの時期をもとにして、
すぐ探せるようになったので、
とても便利ですね!



| iPhone/iPadまめ知識 | 22:46 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
iOS7の新機能(5)AirDropで写真を共有
-----------------------------------
今さら聞けない?今なら聞ける!
知っておきたい!「iOS7」の新機能
【第5回】AirDropで写真を共有
-----------------------------------


AirDropとはどんな機能なんでしょうか。

これを使うと、インターネットなどにつながっていなくても、
AirDrop対応機種の間でデータを共有できちゃいます。


今までは、MacbookやiMacなどでしか使用できなかったのですが、
今回のアップデートから、iPhone/iPadに対応しました!


どんなときに便利かというと、

友達と一緒に遊びに行ったり、ご飯を食べたりしているときに
撮影した写真を、
その場にいる友達に今、送りたい!」

または、

このネットのページを友達に紹介したいんだけど、
アドレスを入力するのは面倒…


っていうこと、ありますよね。

そんなときは、このiOS7の新機能「AirDrop」を使えば、
すぐにデータを渡すことができます

やり方は、カンタン!
このマークをタップしましょう。

共有

写真を送る場合、送りたい画像を表示させ、
その左下にあるこのマークをタップすると、
このような画面が表示されます。


airdrop


転送したい画像にチェックが入っていることを確認し、
その下にAirDropができる友達が表示されるので、
画像を渡したい友達を選びます。



すると、友達のiPhoneには、こんな画面が表示されます。


airdrop


ここで、「受け入れる」を押すだけで、
この画像を手にすることができるんです。

これをするには、自分と友達のどちらもが、

1.iOS7に対応していること。
2.AirDrop設定がオフになっていないこと。


が必要。
友達のiPhoneに自分のiPhoneを検出してもらうように
設定しておかなければなりません。

この設定を変えるには、
コントロールセンター」の中の「AirDrop」から。
自分が連絡先を交換している人だけに
検出されるように設定することもできますので、
安心ですね。




ちなみに、この画像は、望遠鏡で見える満月をiPadで撮影したものです。
iPadのカメラレンズを、望遠鏡の覗き穴に近づけ、ぴったり合わせて
シャッターをおしました。

iPhoneやiPadは本当にいろいろな場面で気軽に撮影できるので、
本当に便利ですね。
AirDropを使って、たくさんの人と写真を共有して、楽しんでくださいね。




| iPhone/iPadまめ知識 | 00:04 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
iOS7の新機能(4)進化したSafari
昨日、ついにiPhone5sとiPhone5cが発売されましたね。
徹夜どころか、何日も前からアップルストアの前に
並んだみなさん、ほんと、ご苦労様でした。
無事に新しいiPhoneをゲットできたのでしょうか?

個人的には、iPhone5cのきみどり色が
とっても気になってます。。

いたるところで話題になっているiPhoneですが、
新しい機種を買わなくても、iOS7にバージョンアップすることで、
見た目もガラッと変わって、今までと違うものを
持っているみたい!と評判みたいです。

ということで、今回の話題は・・・ こちら!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今さら聞けない?今なら聞ける!
知っておきたい!「iOS 7」の新機能
【第4回】Safari
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Webサイトのタブがレイヤー状に表示されるようになりました。
これがとてもカッコイイんです。

safari

上下にスライドすることによって、
最大24つのタブを表示されることができます。
この上下スライドの操作が快感ですよ。

下部の+マークを押して、新規タブをつくります。
タブを消すときは、左上のバツ印からでも、できますが、
タブ自体を左にスライドさせると、タブを削除することができます。

safari





このレイヤー画面を表示させるには、
画面右下の、四角形が2つ重なっているようなアイコンを押します。


safari

それ以外のアイコンは、というと、
「共有」と「ブックマーク」です。

「共有」ボタンを押すと、下のような画面に。
twitterやfacebookへはここから投稿。
また、AirDropを使うと、近くにいるiPhoneを持った人に
アドレスを教えることができ、便利ですよ。

safari




さらに、検索窓も変わりました。
サイトのアドレスと、検索ワードの入力が
同じ枠に統一されたんですね。


safari


何度も操作してみて、
新しいSafariを使いこなしてくださいね。






| iPhone/iPadまめ知識 | 03:10 | comments(0) | - |
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
iOS7の新機能(3)自動アップデート
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今さら聞けない?今なら聞ける!
知っておきたい!「iOS 7」の新機能
【第3回】アプリの自動アップデート
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで、App Storeで手動で行っていた
アプリのアップデート。

たくさんのアプリを入れている人だと、
時間がかかって面倒だからアップデートは後で。と思っていて、
どんどんアップデートが溜まってしまう、ということ、ありましたよね。

app store

このように、数字の入った赤い丸は、「バッジ」と呼ばれ、
まだチェックしていない新着情報の件数を表示しています。
アップデートが177件も溜まっていたら、かなりやる気なくしますね。



ですが、今回のiOS7からは、遂にアプリが
自動でアップデートできるようになりました!
これは、うれしいですね。アプリが常に最新の状態で楽しめます。

自動でアップロードするかどうかは、自分で選ぶことができます。
どの部分が更新されたか、確認したい場合や、
アップロードしてほしくないアプリがある場合は、
これまで通り、手動でアップロードすることもできるのです。


これを設定するには、「設定」アイコンから、
「iTunes & App Store」を選択。

自動アップデート



「自動アップロード」の中にある
「アップデート」をオンにしておけば
知らない間にアップデートしておいてくれます!


自動アップデート


自動アップロードに設定しておいても、
更新内容は、App Storeで確認できますし、
通知センターでも、更新された箇所をお知らせしてくれますよ。


| iPhone/iPadまめ知識 | 02:48 | comments(0) | - |
| 1/2PAGES | >>