<< 思わずツッコミたくなる!
アンパンマンの超個性的キャラクターが魅せる、
やなせたかしさんの発想力!!
| main | 噂の「まめぶ汁」を
今さらながら試してみた >>
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
MacとiPhoneの間で
テキストのコピペができちゃう!
便利アプリ「PutOn」

puton


Macにある、長い文章やアドレスなどのテキストデータを
iPhoneにコピーしたいとき、どうしましょう?

evernoteを使う、メールで送る、
テキストファイルにしてdropboxにおく、などなど、
いろいろ方法はありますが、
ファイルなどにせず、手軽にコピペできればもっと楽なのに・・・
と思っていたら、こんな便利アプリを見つけました。

 
手軽にテキストや画像を転送できる!
便利ツールアプリ「PutOn」

iPhone/iPad版アプリはこちら
puton

Mac版アプリはこちら
puton

MacとiPhone、または、iPhone同士、iPhoneとiPadなど、デバイス間で、
画像やテキスト、連絡先などを送受信できるアプリです。

必要なのは、両方のデバイスで、
アプリを起動すること、
そして、
同じwifiネットワークに接続されていること。

さらに、Mac以外は、
Bluetoothに対応していれば、wifiがなくても
データが転送できます。



では、iMacからiPhoneへ、テキストデータを転送してみましょう。
アドレスや、プログラムのデータなど、
iPhoneでは入力に手間のかかるテキストが
このアプリを使うと簡単に転送できるので、とても便利!

まず、アプリを起動すると、iMac画面に、
このような画面が表示されます。

puton

転送したいデータをコピーします。

puton

iPhone側も、アプリを起動させると、
お互いのデバイスを認識し、点滅信号がチカチカ、光ります。
上の写真の黄色い丸が点滅信号。
青、赤、黄色、緑・・・と、かなり激しく点滅します。
この色の点滅で、データを転送する相手を特定しているようです。

iPhoneのカメラを画面に近づけ、点滅信号をキャッチしましょう。

puton

認識すると、すぐに転送が開始され、
あっという間にデータが転送されます!

puton



 
外出先でもBluetoothで転送


Mac以外のデバイスでは、wifi接続されていなくても、
Bluetoothで画像やテキストを転送することができます。

iPhoneからiPad miniへ、画像を転送してみましょう。

両方のデバイスのBluetoothをオンにして、
アプリを起動します。

puton


続いて、iPhone画面で、転送したい画像を表示させます。
下部にある、ボタンから、画像やテキストを選択できます。


puton


iPhoneをiPad mini の上に重ねます。
下側の点滅信号を、iPhoneのカメラ位置に合わせて置くのがポイント。

puton

信号を認識すると、画像の転送が始まります。
このとき、途中で信号を見失ってしまうと、転送が途中で
止まってしまうので、あまり動かさないように、気をつけて!

あっという間に画像が転送されました!

puton

ややこしい設定などがまったくないので、
手軽にできそうですね。
色の点滅でデバイスを認識する、というのも、おもしろい!


 
| おすすめアプリ | 10:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする